STORE NEWS

Twist Records.066 『AFRO BLUE』

Twist Records.066 『AFRO BLUE』

The late 50’s to Mid 60’s Afro Jazz, Exotica, Rumba Blues and Mod Jazz Mix.

01. Afro Blue – Cal Tjader Sextet (Fantasy)
02. Uhuru – Herbie Mann’s Afro-Jazz (Atlantic)
03. Mystery Of Love – Olatunji (Columbia)
04. Sea Breeze – Yusef Lateef Quintet (New Jazz)
05. My Favorite Things Part.1 – John Coltlane (Atlantic)
06. Chim Chim Cheree – Rufus Harley (Atlantic)
07. Besame Mucho (Besame Five Times) – Charlie & The Jives (Taste)
08. Misty (Bossa Nova) – Bud Shank & Clare Fischer (Pacific Jazz)
09. Ole Bossa – The Roper Dance Orchestra (Roper)
10. Zirigidoom-Bossa Nova – Paulo Alencar & His Brazillian All-Stars (Atco)
11. Bird-A-Nova (Babae) – Julio Hermandez (Hermitage)
12. Cozy & Bossa – Cozy Cole (Bethlehem)
13. Big Nick – James Booker (Peacock)
14. 4-11-44 – Pony Poindexter (Prestige)
15. Get The Money – Mongo Santamaria (Battle)
16. Summertime – Gatemouth Brown (Cue)
17. Mohican – The Russ Haddock Trio (Brunswick)
18. African Mailman – Nina Simone (Bethlehem)
19. Big Noise From Winnetka – Rose Murphy Trio feat. Slam Stewart (Decca)
20. Almost Good – David Seville (Liberty)
21. Chihuahua – Eddie Davis (Royal Roost)
22. Wack Wack – The Young Holt Trio (Brunswick)
23. Black Eye Peas – The Ramsey Lewis Trio (Argo)
24. Feeling Good – The Roy Meriwether Trio (Columbia)
25. Shake A Lady – Ray Bryant (Sue)
26. Pamelam-A-Lam – The Quartet Tres Bien (Decca)

 

アフロ・ブルー

『7インチで愉しむJAZZ特集』 所謂ストレートなJAZZではなく、 50年代後半から60年代半ばにかけて7インチ・レコードに録音された、珍種のJAZZや、ジャジーなブルース、プラスその手のJAZZの名作等を、全26作品集めたコンピレーション・アルバム/DJ MIX。 アフリカの郷愁や、ブラジルのボサノヴァ、キューバのルンバや、ラテン全般の編曲を用いた、ダークでエキゾチックな世界観を、7インチならではの太くて古い「MONO」サウンドでお愉しみいただくドープなJAZZ特集! R&Bポップコーンや、MOD JAZZ等がお好きな方、ジャマイカのSKAがお好きな方にも、オススメの曲調/音色を多数収録した実験的V.A盤。

選曲者からのコメント

長年温めてきた構想が、ようやく具現化された。Jazzでありながら、所謂ドJazzではなく、アフリカのエキゾチカイズムや、ブラジルのボサノヴァ、キューバのルンバ等のリズムを用いた珍種のJazzやブルースを26作品集約させる事が出来た。コツコツと集めてきた7インチを見つめながら、我ながらの自信作になったと自負している次第だ。おそらくこの手のサウンドを、一気にまとめて聴けるのは世界初の快挙であろう。中にはジョン・コルトレーンの「マイ・フェイバリット・シング」の様なモダーンJazzの名作も入っているが、これは選曲の流れに妙を持たす為の工夫、アイデアである。洒落と思って楽しんでもらえると、選曲者の意図としては嬉しい。

選曲の流れは、ダークなトーンの哀愁で織りなす前半から、陽気なラテンのビートの中盤を駆け抜け、再びマイナー調のラテンJazzや、ルンバ・ブルースに戻り、最後はMod Jazz的なダンサーで締めくくるというコンピレーション・アルバムとなっている。全て50~60年代の音源で、全曲オリジナル盤から録音してあるので、古くて味のある、7インチらしいサウンドをご堪能いただける点も、毎度ながらに当TWIST RECORDSのセールス・ポイントである。

また全曲、曲間なくDJ仕様で繋げてあるので、ショップのBGMや、生活/ドライブのお供なんかにも最適な、67分間のノンストップMIXではないだろうか。あらゆる場面での愛聴盤にしていただけると幸いだ。(2018年1月 Mr.XXX)]

ご注文はこちらからどうぞ
A Place to order to this CD here.

 

コメントを残す

*